麻酔科医の求人サイトランキング

麻酔科医の求人をお探しの医師の方へ

常勤の麻酔科医のニーズが高いことは、医師の皆様方もご存知の事と思います。もし麻酔科医として転職をご検討されているのであれば、下記のような転職エージェントにご相談されてはいかがでしょうか。

なぜ今の職場を離れるのか、新しい職場に何を求めるのか、先生ご自身のお気持ちを尊重しながら、ご希望に沿った転職先をご提案します。転職を無理にすすめることはありませんし、利用料は一切かかりません。個人情報の取り扱いにも万全を期しています。麻酔科医としての更なるキャリアップのために、ぜひご活用下さい

麻酔科医の転職を成功させるには?お勧め医師求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★
【 医師転職ドットコムのココがすごい! 】
■医療求人掲載数No.1の医療転職サイト。数多くの案件からぴったりのお仕事が見つかります。
■1万件以上の非公開求人を見る事が出来、人気案件や高待遇案件も一緒に閲覧できます。
■経験豊富なキャリアエージェントが、お話を詳しく伺いながら、ベストな形での麻酔科医師の転職を後押しします。
■完全無料で、麻酔科医の転職にまつわる様々な相談受付、手続きサポートをし、転職成功までしっかりお支えします。
■条件や就業スタイル、就業場所など、医師の希望条件にあわせた転職先をすばやくお探します。
■それぞれの専門科別に仕事を探すことも可能。麻酔科医の転職案件もかなり増えてきています。
■女性医師を中心とした、家庭と仕事の両立、プライベートやQOLを大切にした、麻酔科医の転職案件も満載です。
■医師転職ドットコムに登録すると、新着求人を優先的にお届けすることができます。新着の仕事に素早くアプライしてください。


リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★
【 リクルートドクターズキャリアのココがすごい! 】
■医師の転職支援で30年、リクルートドクターズキャリアで、信頼と安心の転職をお約束します。
■医師転職に精通した専任スタッフが、煩雑な転職手続き、面倒な条件交渉等を引き受けます。
麻酔科医師の先生が、自分の希望にあった仕事を見つけることができるよう、詳細な条件設定を設定し、早く仕事を見つけられます。
好条件、高額の麻酔科医師求人が常時1万件以上。非公開求人も多数で、多くの案件の中からぴったりの仕事を検索できます。
■年間100万人以上の転職を支援しているリクルートグループですので、転職支援のプロならではのノウハウがあります。
■WEB上に後悔されない、特別非公開求人のご提案もできますので、お気軽に専任スタッフにご相談ください。
■医師の転職支援に確かな実績をもつ、専任のキャリアアドバイザーが完全にサポートするので、初めての転職でも安心です。
■圧倒的な取扱科目数と医師情報数で、麻酔科分野に特化した最短距離の転職活動ができます。


エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★
【 エムスリーキャリアのココがすごい! 】
常時約28000件の求人を保有し、幅広い選択肢のなかから、転職先を選ぶことができます。
非公開求人も豊富に取り揃えており、希望通りの転職、高待遇の麻酔科案件を見つける事も容易です。
■キャリアコンサルタントとのやりとりは、主にメールで行いますので、忙しい人、迅速に行動したい人に向いています。
■エムスリーキャリアが紹介する求人、そして病医院への直接応募の案件など、紹介条件がクリアで、転職先探しが簡単です。
希望の年収、待遇、場所や働き方など、麻酔科医の先生の条件次第で転職先を探すことができます。
■エムスリーキャリアの情報収集力、圧倒的な求人数、きめ細かいサポートには、定評があるので、安心して転職活動ができる。
■転職の相談から入職までの流れ等を分かりやすく説明してある為、転職経験が無い人でも心強い。
常勤、非常勤麻酔科医だけではなく、スポット勤務などの働くスタイル別の仕事探しもできるので、迅速な仕事探しが可能。


MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第4位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★
【 MCドクターズネットのココがすごい! 】
■日本最大級の拠点ネットワークで、幅広い案件、条件の仕事が常にアップデートされています。
■常勤、非常勤、スポット勤務など、麻酔科医の先生の働くスタイルにあった仕事をすぐに検索できる。
■口コミ実績No.1の人気サイトなので、そのサービスの質や拠点の多さ(13拠点)できめ細かい転職支援には定評がある。
■エリア、施設、科目、年収など、気になる部分からの仕事検索も可能なので、時間を節約できる。
■サービスは無料で利用できるので、麻酔科医の転職情報を幅広く気軽に集められます。
■経験豊富なキャリアアドバイザーが、希望の仕事に転職できるよう丁寧にサポートします。
■転職役立ちコンテンツの利用で、麻酔科医の臨床経験があるが転職慣れしていない人も大丈夫。
■転職先での就業条件や年収などの交渉は、専任コンサルタントにお任せなので、最善の転職先探しに集中できる。


麻酔科医の求人探しなら転職サイトを有効活用!

麻酔科医の仕事は、いままで縁の下の力持ち的なイメージに甘んじてきました。一般の外来などで接する事の多い、内科医や各専門医、また患者が外科手術のときに接する外科医と比べると、とても地味な存在だったからです。しかし、最近の医療ドラマや漫画の登場人物として麻酔科医クローズアップしてくるに従って、彼らの大切な業務、とくに手術のときに大変重要な役割を担っていることが世間に知られてきました。

なおかつ、最近では、麻酔科外来(ペインクリニック)を開設し、手術時以外、日常的に起こってくる苦痛や不安などを取り除くための処置を一緒に考えていく病院、クリニックも増えています。麻酔科医が外来にて、患者と直接コミュニケーションを取ることも一般的になりました。

もちろん、手術の前には、麻酔科医として患者の診察を十分に行ったうえで、最良と思われる麻酔法を提示致し、患者の了解を得ますし、術中は手術室の最新の医療機器およびモニターを駆使し、手術中の微妙な変化に迅速に対応できるよう対処します。当然、手術後の痛みに対しても、痛みの専門家として高度な技術、そして豊富な経験から適切、なおかつ積極的に痛みのケアに対応している麻酔科医が多いものです。

ただし、麻酔科医の現状は厳しく2008年あたりをピークに、麻酔科医の深刻な不足が叫ばれるようになりました。麻酔を行うために必要なやりがいは、日本では国家試験に合格した医師(もしくは歯科医師)であること、となっています。麻酔科医には専門的知識と技術、やりがいが必要で、最新鋭の医療機器も使いこなさなければならず、免許を持っているだけでは勤まらない仕事です。麻酔科医不足による激務、または麻酔科医への訴訟問題など、麻酔科医を取り巻く状況はまだまだ予断を許さない状況です。

2015年度に、麻酔科専門医を目指して研修を開始する医師に対して、新たな麻酔科専門医研修制度が始まります。従来制度との違いは、麻酔科専門医試験を受験するには、学会の認定を受けた4年間の専門医研修プログラムを修了していることが必須だということです。

このように、麻酔科医の状況は決して楽観を許しませんが、その分、しっかりとした経験があれば、入局先や転職には困らない面があります。場合によっては、かなりの高給が期待できる場合もあります。仕事の責務は重いですが、その分やりがいもあります。転職サイトなどを有効利用し、希望条件や待遇、勤務地などから希望のポジションを探してみましょう。



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 麻酔科医の求人サイトランキング All Rights Reserved.