麻酔科医の求人サイトランキング

麻酔科医師求人TOP >> 麻酔科医求人のポイント >> 麻酔科医の年収

麻酔科医の年収

医師全体の平均年収は、平成25年のデータで1072万円となっています。ただし、これは平均年収ですから、個人開業医から大学病院、一般病院、公立病院、民間病院勤務でまったく異なった結果になることでしょう。それぞれの所属する病院、医療施設の基準で年収は決まってきます。

一時、集団で麻酔科医が離職した病院では、なんとかして麻酔科医を確保しようと、年収3500万円で麻酔科医を募集したことが話題となりました。しかし、これは極端な例と言わざるを得えません。2008年度には、極端に麻酔科医が不足していた時期がありましたが、最近は徐々にその数は落ち着いてきているようで、極端に高待遇の求人はみかけることは少なくなりました。しかし、平均しても、就業10年前後で、1000万から、場合によっては2000万近くまで期待できる職種なのは間違いなさそうです。大学助手でも600から700万円、常勤以外、例えば非常勤、パート、アルバイトになるとまた違ってくると考えられます。

麻酔科医はとても専門性が高く、知識が豊富な場合は、必要なときに呼ばれる、フリーランス的スタイルでも仕事を受けることができます。医師の世界でも、様々な働き方のスタイルが選択できる時代になっていることが伺えます。

働く場所が、大学病院や公立病院よりも、民間病院、一般病院のほうが、年収自体は高くなる傾向がありますが、福利厚生や医療機器の充実、仕事のやりがいや広範囲の事例にかかわることが出来る点から、年収だけにこだわらないで、より広い経験ができるような職場を選ぶ麻酔科医もいます。ですから、その麻酔科医の価値観に左右されるといっても過言ではないでしょう。

転職サイトでは、希望年収にあわせて仕事が検索できたり、待遇についてもすべて麻酔科医の方の希望によって仕事が選べるようになっています。麻酔科医を必要としている、そしてもちろん不足している医療機関は多いですし、最近は、新しい医療施設として、ホスピスや在宅、訪問医療での麻酔科医への需要が高まっています。

麻酔科医としての活躍のフィールド、そして需要はどんどん増加することが予想され、将来性のある仕事であるだけではなく、交渉によっては、かなりの高給が約束されている職種です。もし面接、そして交渉術などに自信がないドクターは、転職サイト、エージェントがアドバイスをしてくれたり、あなたに代わって給料や待遇の交渉をしてくれますので安心です。

やりがいのある職場を見つけるまでには時間はかかるかもしれませんが、あなたにベストマッチな職場や職務を探すため、民間の転職サイト、エージェント利用もすすめられます。広い選択肢のなかから、条件によって仕事を探せる点が一番のメリットでしょう。

麻酔科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>麻酔科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 麻酔科医の求人サイトランキング All Rights Reserved.