麻酔科医の求人サイトランキング

麻酔科医師求人TOP >> 麻酔科医求人のポイント >> 麻酔科医のやりがい

麻酔科医のやりがい

手術前のカウンセリングや、手術後のペインマネジメント、外来のペインクリニック、ホスピスでの末期医療での痛みの緩和ケア、在宅医療など、麻酔科医がより患者と密接な関係を築くことが多くなっています。従来型の麻酔科医は、手術中の患者の全身管理、つまり呼吸管理、循環管理、疼痛管理が中心でしたが、現在では、手術前に麻酔科医からの術前説明や、手術内容の確認、既往症やアレルギー、その他様々な問診を行う等、インフォームドコンセントのプロセスが重要になってきています。患者も医師に任せきりではなく、疑問点や質問があったら、この時点でしっかり質問できるようになりました。

術前説明によって、患者との信頼関係を築いたり、また術後回診によって、より適切な痛みのケアをするため、薬剤を変えたりと、患者とのコミュニケーションがとくに多くなっているのが、最近の麻酔科医の傾向です。

従来の役割だけではなく、より患者とのやりとりが多くなっている麻酔科医の仕事ですから、その分、患者とのやりとりのなかで、やりがいを感じたり、患者から感謝されることも多くなるでしょう。

また、手術のケースでは、手術チームとしての行動も大事ですので、チームで意思疎通を図りながら、グループとしてそれぞれの専門知識を活かし、お互いに職務を尊重しつつ、よい関係が築けると、仕事への充実感も増すことでしょう。

mまた、終末医療ケア、ホスピスなどに勤める場合は、患者がすでに余命宣告されているのもあり、患者の治療というよりは、QOLを重視して、薬剤を投与する必要があります。責任もプレッシャーもあり、大変な役割を担うことになりますし、人の生死が日常にあるため、精神的にタフなところが求められます。日々のやりとりのなかで、如何に患者の役に立てるのかが、重要なポイントとなります。

これから在宅医療、訪問看護など、在宅のままで医療サービスを受けるお年寄りが急増すると考えられます。薬剤師や麻酔科医は、そうした分野での活躍が期待されています。こちらも移動が多く、体力がなくては勤まりませんが、やりがいの面で言えば、患者に非常に感謝されるので、面倒見のいい人には向いているのではないでしょうか。

以上、いままでは麻酔中に働く事が多く、患者の印象に残ることが少なかった麻酔科医の仕事ですが、最近では、患者とのコミュニケーションが多くなってきたので、その分、ダイレクトに患者や医療チームから感謝され、人の役に立っていることを実感でき、仕事に対するやりがいやモチベーションもアップしつつあるのではないでしょうか。

麻酔科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>麻酔科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 麻酔科医の求人サイトランキング All Rights Reserved.