麻酔科医の求人サイトランキング

麻酔科医師求人TOP >> 麻酔科医求人のポイント >> 麻酔科医の特徴

麻酔科医の特徴

麻酔科医が手術前、手術中、そして手術後に行う役割は非常に特殊なものです。麻酔科医に専門性が必要なのは、その患者ごとに使う薬剤や量、そして対処の仕方が異なる点です。今は麻酔科医が不足していることから、外科医が代わりに麻酔を行い、手術を実行することも少なくありませんが、とくに難しい手術や特別な既往症、アレルギーを持っている患者などの手術は、やはり専門知識と経験をもった麻酔科医が必要となるため、一時麻酔科医の不足により、手術ができない病院があったということです。

最近は、麻酔科医の数も大分復活してきたように見えますが、それでも特殊性をもつ専門職であること、手術技法が高度になるにつれて、経験豊富な麻酔科医が求められます。手術中、後の患者の容態を監視、管理、警告する重要性を担っている、手術中の生理的反応に敏感に反応してコントロールする責務があるからです。それから生命維持の責任から、訴訟のリスクがあるという点も見逃せません。

最近は、手術中だけではなく、手術前のインフォームドコンセント、そして手術後のペインマネジメントのプロフェッショナルとして、その役割の重要性が患者やその家族にも浸透するようになりました。

外来、ペインクリニックで働く麻酔科医、そしてホスピスや在宅医療で活躍する麻酔科医もいますし、当然、手術の際にも様々なケースにあわせて、手術、麻酔計画を練るのも麻酔科医の仕事です。手術が無事に行えるか、そしてその後のリカバリーの際のペインマネジメントはとても大切な仕事の一つで、麻酔科医が全面に出て、患者とやりとりをし、最善の方法を考えていきます。

ただ、手術業務メインの麻酔科医は、1日に何件もの手術を担当することが多いため、集中力を保てるだけの体力と、体調管理が必要です。そして、医師として命を尊び最善をつくす倫理観が不可欠になります。呼吸、脈拍、血圧全身状態を管理するのは麻酔科医ですから、すこしの判断ミスが致命的となってしまいます。

ただし、麻酔科医はそれだけプレッシャー、集中力が必要とされる業務ではありますが、オンとオフの差がはっきりしている職種でもあります。休日でも、当直医が詰めていますので、緊急に呼ばれたりすることはなく、比較的自由度はある仕事だそうです。

ましてや、常勤ではなく、他の非常勤等の働き方をする場合、ニーズに合わせて出勤、様々な分野での活躍もできるので、しっかりとした経験、知識、それからいつも最先端の技術や機器を使いこなす努力と研鑽を怠ることがなければ、一生の専門職として続けることが可能な仕事といえるでしょう。

麻酔科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>麻酔科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 麻酔科医の求人サイトランキング All Rights Reserved.