麻酔科医の求人サイトランキング

麻酔科医師求人TOP >> 麻酔科医求人のポイント >> 女性の麻酔科医

女性の麻酔科医

麻酔科医は他の専門科に比べて女性の比率が高いのが特徴です。オンとオフがはっきりしているので、女性には続けやすい仕事だといいます。また、患者とのコミュニケーションや術後の痛みの相談に関しては、女性のほうが話しやすい、辛さを言いやすい面があると思いますので、その点も女性麻酔科医のメリットです。平成25年の調査では、女性の医師の割合が医師全体の29パーセントくらいですが、その中でも麻酔科医は女性の割合が30パーセント以上と高くなっています。

毎日手術が行われるような病院では、激務となり、1日に何件も手術を掛け持ちするような麻酔科医が多いとのことですが、一時麻酔科医の過重労働が指摘されて、医療機関からの麻酔科医離れが指摘されてからは、大分状況は改善されたようにも見えます。

女性の場合、どうしても結婚や出産、育児によって、離職することが多くなります。常勤では、責任も重く、麻酔科医の仕事を続けようとしても、人員がしっかり確保され、シフトが機能している状態ではないと家庭との両立が難しく、離職しがちな点がデメリットです。しかし最近は麻酔科医の不足もあいまって、女性医師の復帰支援をしたり、看護麻酔師制度なども議論されています。

女性医師の復帰支援としては、「女性医師麻酔科復帰支援プロジェクト」があり、出産、育児などで職場を離れた女性麻酔科医や、他の専門科から麻酔科へ転科希望の女性医師を、非常勤の機構専修医という扱いで臨床経験、トレーニングをして、麻酔科の現場に適応させようとするプロジェクトで、最近では、このプロジェクトの成功例が報告されてもいます。

女性を取り巻く様々な職場環境が見直されつつある最近、とくに医療機関では人材不足が叫ばれているので、こうした職場復帰のプロジェクトを積極的に導入し、行政や民間、もちろん医療機関そのものが、女性麻酔科医の復帰を後押ししなければいけません。

きちんとした環境が整っていれば、麻酔科医の女性が結婚しても、家庭をもっても仕事と家庭の両立ができて、働けることがメリットです。女性麻酔科医のほうも、自分の都合や目的にあった仕事を見つけて、職場復帰するために、転職サイトなどの利用もすすめられます。仕事を見つけるときには、自分が働ける時間帯や、給与、場所、待遇や条件をしっかり提示して、その条件にあった働き方ができる職場に絞ることです。あまり無理なスケージュールを立てても、子育て、家庭と仕事の両立は難しいでしょう。

いまは産休、育休を取得してから、前職に戻る人も多いですから、最初から福利厚生がしっかりしていて、女性に優しい職場を選んでおくのが、きっと将来設計において一番のメリットになることでしょう。

麻酔科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>麻酔科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 麻酔科医の求人サイトランキング All Rights Reserved.