麻酔科医の求人サイトランキング

麻酔科医師求人TOP >> 麻酔科医求人のポイント >> 麻酔科医になるには

麻酔科医になるには

麻酔科医はいままでとても目立たない存在でした。手術室で重要な役割を担っているにもかかわらずその業務は注目を浴びず、その上手術室外では患者とのコミュニケーションが少ない為に、患者や家族から感謝、評価されづらいというジレンマがあったのです。

麻酔科医が不足し、その業務が激務になるにしたがって、麻酔科医の退職が目立ったときもありました。しかしそれから麻酔科医の地位の改善や、ペインクリニックなどの外来で、専門医として活躍する、外来麻酔科専門医も増えていることから、将来、麻酔科医を志す人が増えて、麻酔科医不足を解消できるのではないかと期待が高まっています。

麻酔科医になるには、当然、医師免許を取得することが前提になります。麻酔科医の場合、すこし複雑な規定があり、6年制の医学教育課程、医師制度、研修医制度に基づいたやりがい、経験、また、厚生労働省による麻酔科標榜医の認定、日本麻酔科学会による認定医、専門医、指導医の認定から成り立っています。特に麻酔科を標榜するには厚生労働省の認定を得なければならない点は、他科に比べても特殊です。

従来制度では「麻酔科」という診療科名を掲げるためには,麻酔科での臨床経験を2年以上積んで麻酔科標榜医というやりがいを取得し、更に日本麻酔学会が認定する麻酔科専門医になるために、2年以上の臨床経験を積んだ上で筆記、口頭試問や実技試験に合格する必要があります。

2015年度に麻酔科専門医を目指して研修を開始する専攻医から、新たな麻酔科専門医研修制度が始まりました。これまでの制度と違い、麻酔科専門医試験を受験するためには、学会の認定を受けた4年間の専門医研修プログラムを修了していることが必要となります。より臨床経験に基づいた、実務研修重視のプログラムとなります。

日本麻酔学会への専門医研修プログラムの提示は2014年5月から開始され、学会からのプログラムの正式認定は2014年秋ごろになる予定ですが、麻酔科医を目指す人にとっては、大きな変更点となっています。

一般に、医師免許取得者を対象とする臨床研修には、初期臨床研修、後期臨床研修とがあります。初期臨床研修医はジュニアレジデント・スーパーローテーターなどと呼ばれ、だいたい1年から2年、内科・救急部門・地域医療の3科目が必修、さらに外科・麻酔科・小児科・産婦人科・精神科から2科目を選択します。初期臨床研修を修了した医師を対象とする後期臨床研修は、3年から5年ほどの期間、を研修医として過ごします。彼らはレジデント・シニアレジデントと呼ばれますが、専門分野の医療技術・知識を修得する目的で行われます。麻酔科医専門医を目指す場合には、独自に4年間の専門医研修プログラムが設けられている点に違いがあります。

麻酔科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>麻酔科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 麻酔科医の求人サイトランキング All Rights Reserved.