麻酔科医の求人サイトランキング

麻酔科医師求人TOP >> 麻酔科医求人のポイント >> 麻酔科医の当直・オンコール

麻酔科医の当直・オンコール

それぞれの医療機関の取り決め、そして麻酔科医がどのような形態、契約で働いているかによって違いはありますが、麻酔科医の当直、オンコールなどは実質上、仕事の一部としてあります。ただし、女性医師で、一切当直とオンコールを受けない形態で働いて、家庭との両立を実現する麻酔科医もいれば、病院によっては、人員が足らず、緊急手術の度にオンコールで呼び出されてしまう麻酔科医、そしてその分、当直を免除される場合もあるし、それぞれの医療機関のルールや契約形態によって違います。麻酔科医は特殊な診療科であるため、他の専門科とは違う、特別なルールを持っている医療機関もあります。

ただし、当直も、オンコールで緊急手術にも呼び出される麻酔科医も存在するのも確かで、そんな麻酔科医の過酷な状況から、集団離職や、麻酔科医の離職に歯止めがかからなかったときもありました。2008年頃には麻酔科医不足がピークになりました。麻酔科医の場合、他の診療科と違って、専門性が高く、緊急手術などはその存在が必須なので、麻酔科医の絶対数が少ないと緊急手術を休むに休めず、断るに断れない状況がそういった結果を招いたのだと推察されます。

ただし、麻酔科医の状況が悪化してからは麻酔科医に対しての環境作りがすすめられ、いまとなっては、女性麻酔科医の復職支援プロジェクトや他の専門科から麻酔科医への転科など、様々な支援がなされています。

まず麻酔科医の仕事を探すときには、その医療機関の就業条件や当直、オンコールなどのシステムがどうなっているのかをよく調べましょう。契約を結ぶ前の事前確認が最も大切で、就業規則や契約において、当直やオンコールの部分を曖昧にするような契約にはサインしないようにしましょう。また、どちらにでもとれる表現や、但し書きにも注意です。

激務により、前職を離職した場合、同じ事を繰り返さないようにするために、当直やオンコール対応にはこだわって仕事探しをしましょう。転職サイト利用なら、自分の条件、例えば当直、オンコールなしの案件も簡単に検索できます。

患者のQOLも大事ですが、最も大事なのは、麻酔科医、そして医療従事者のQOLです。仕事と私生活のバランスが取れていないと、いい仕事もできませんし、最悪の場合、医療ミスも招きます。自分で納得できない仕事環境に身を置くのではなく、ときには自分がその仕事に満足しているか、無理をしすぎていないか、きちんと自問自答することが大切です。

麻酔科医としての知識と十分な臨床経験があれば、転職は容易にできます。自分で仕事の条件や就業時間をアレンジする事も可能ですから、ときには転職サイトなどを利用して、新しい環境に身を置く計画も考えてみてはいかがでしょうか。

麻酔科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>麻酔科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 麻酔科医の求人サイトランキング All Rights Reserved.