麻酔科医の求人サイトランキング

麻酔科医師求人TOP >> 麻酔科医求人のポイント >> 麻酔科医とオペ・手術

麻酔科医とオペ・手術

麻酔科医が手術において担う役割はとても重要です。全身麻酔から局所麻酔まで、殆どの手術で麻酔がかかわっています。そして、全身麻酔下では、患者は自分自身では呼吸ができなくなりますので、麻酔科医が呼吸、脈拍、血圧等、全身状態を管理する役割があります。つまり手術中の呼吸管理、循環管理です。もちろん、手術が終了し、患者の意識が戻るのを確認して、呼吸や血圧が安定したら、人工呼吸器を外します。その後は、術後の疼痛管理に入ります。

外科手術の殆ど、また整形外科や産婦人科の帝王切開等、麻酔科医師が活躍する範囲は非常に広いものがあり、その専門知識と経験が広く求められています。麻酔を使わない手術など、ほぼないといっても過言ではありません。ただし、麻酔科医ではなくても、麻酔は打てますので、比較的簡単な手術は、外科医などが麻酔を行うこともあります。

また、麻酔科医が特に注意しなければいけない点において、術中併発症のリスクを正確に見積もるということがあります。過去に全身麻酔を受けたことがあるか、不整脈や喘息、アレルギー、薬の副作用といった既往症、その他患者の近親者の疾患などもしっかり手術前に確認されます。ちょっとした小さなことが、手術の成功、不成功を左右することにもなります。

麻酔科医は、リスクの高い方法を選ばず、その患者にあっていて、時間がかかっても、また効率の悪い薬剤を使っても安全性を重視するところがポイントになります。

患者との手術前の聞き取り、インフォームドコンセントも大切ですが、医療、手術チームとの十分な打ち合わせだけではなく、手術中の緊急事態にも冷静に対応し、患者の状態を細かい部分まで監視します。手術中、患者は自分の命を麻酔科医にあずけている格好になり、また外科医等、専門医が手術に集中できるように、患者の少しの変化にも敏感になる必要があります。

このように、集中力と体力、そして神経の細かさや経験が必要とされる現場では、常に緊張の連続ですが、患者が無事に手術を終えて、意識が戻ったときには、とても充実感ややりがいを感じることができるそうです。

手術中の麻酔科医の活躍については、あまり知られることはなかったのですが、最近の医療ドラマや漫画の台頭で、一般にもよく知られるようになりました。専門家の目からみると、フィクション作品には不十分な点もありますが、麻酔科医という専門家の仕事を一般に知らしめたという意味では、十分功績があったと思います。手術の前のコンファレンス、問診から始まって、手術後のケアまで、麻酔科医の役割は多く、その責任はとても重いということが分かります。

麻酔科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>麻酔科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 麻酔科医の求人サイトランキング All Rights Reserved.