麻酔科医の求人サイトランキング

麻酔科医師求人TOP >> 麻酔科医求人のポイント >> 麻酔科への転科

麻酔科への転科

麻酔科専門医の需要にあわせて、他の専門科から、麻酔科への転科も増えてきました。女性医師麻酔科復帰支援プロジェクトというのもあり、このプロジェクトによって麻酔科のオンザジョブトレーニング、麻酔科の臨床経験を積んでもらう方法があります。慢性的な麻酔科医不足もあり、このプロジェクトでは男性医師の参加も可能です。もちろん日本麻酔科学会による新しい専門医制度、研修医制度によって、より麻酔科認定医、専門医への道のりがクリアになった部分もあります。

また、これからの将来、専門医制度は4年後の2019 年に大きく変革されることが決まっており、全ての専門医が学会、そして厚生労働省とは別の第三者機関により認定されることになっています。これからの専門医制度は大きく変化し、より麻酔科医への研修、転科がスムーズになることが予想されます。

臨床の現場にでてから、仕事や専門の向き不向きや、日々の仕事から、麻酔科への興味がわくことも当然あります。そして注目すべきは、麻酔科医の将来性です。麻酔科医は全体的に不足しており、これからの医療である、ペインクリニック、ホスピスの緩和ケア、在宅医療等では、麻酔科医の活躍が欠かせません。

比較的人員が過剰といわれている専門科から、転科する人も出てしかるべきでしょうし、手術現場で麻酔科医の働きや重要性をみて、麻酔科医に改めて興味をもつ医師もいるでしょう。

新しい専門医制度の専門医を目指す研修中の医師、つまり専攻医として麻酔科医を目指す医師だけではなく、他の専門科からの転科というのもよりフレキシブルになるべきでしょう。

近年は、治療の幅を広げるため、あるいはこれまでの専門知識を麻酔科で活かしたいと考える外科医や、産科医、救急・ICUの医師が転科を希望するケースが増えてきています。もちろん麻酔科医に転科したり、また逆に麻酔科医が他の専門科に転科するケースもありますが、総合医療の見地において、それらは双方にとってメリットがあります。

自分の専門科にプラスして、麻酔科医としての幅広い知識や臨床経験があれば、当然外科医や産婦人科医、緊急・ICU医師にとっては大きなメリットとなり、患者の治療や手術に総合的にかかわれることになります。また麻酔科医がいなくても自分で麻酔を使い、手術すべてを取り仕切ることすらできます。麻酔科医になるのではなく、自分の専門科にプラスして、麻酔科の専門知識をも身につけようとする医師もいます。幅広い知識や経験をもつ医師になら、手術をすべてお任せしたくなるのも当然で、信頼度も増すので、メリットは大きなものになります。

麻酔科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>麻酔科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 麻酔科医の求人サイトランキング All Rights Reserved.