麻酔科医の求人サイトランキング

麻酔科医師求人TOP >> 麻酔科医求人のポイント >> 麻酔科医の研修

麻酔科医の研修

日本の麻酔科医に関する規定は、6年制の医学教育課程、医師制度、研修医制度が根底にあるのはどの専門科もかわりません。ただ、麻酔科の特殊な点は、厚生労働省による麻酔科標榜医の認定、その上、日本麻酔科学会による認定医、専門医、指導医の認定という複雑な構造になっていることです。

一般に、医師免許取得者を対象とする臨床研修には、初期臨床研修、後期臨床研修とがあります。初期臨床研修医はジュニアレジデント・スーパーローテーターなどと呼ばれ、1、2 年ほど経験を積み、初期臨床研修を修了した医師を対象とする後期臨床研修は、3年から5年ほどの期間を研修医、レジデント・シニアレジデントとして過ごします。

ただ、麻酔科医専門医を目指す場合には、独自に4年間の専門医研修プログラムが設けられている点に違いがあります。スーパーローテイト方式の、初期臨床研修期間から麻酔科研修開始の時点から麻酔科認定医、麻酔科専門医の資格取得を目指す最短4から6年間の一環教育、研修プログラ等があり、このプログラム終了後は、専門医試験にチャレンジすることができます。

また、2015年度から新たな制度での研修が始まります。2014年4月から各医療施設は責任基幹施設、基幹研修施設、関連研修施設のいずれかになります。専門医研修プログラムは責任基幹施設が主となって作成し、専門医試験受験資格を取得できるような形となります。

それぞれの責任基幹施設において、すでに研修医の募集は始まっており、それぞれ希望する医療機関に問い合わせることで、応募のプロセスや採用予定人数、締め切りやその他の条件などについて調べることができます。

インターネットのキーワード検索をしたり、医療関係の情報源を確保したり、転職サイトの情報欄や、病院のサイト等で、研修医募集などの記載がある病院等を調べると、麻酔科医の研修を行っている医療機関が分かります。

麻酔科専門医となる第一歩ですので、研修を受ける機関は慎重に選ぶ必要がありますが、新しい制度の導入によって、より研修専門医になれる道筋がはっきりしています。資格そのものよりも、臨床経験が何よりも大事といわれる麻酔科医ですので、早めに条件をクリアして、麻酔科認定医、専門医としての活躍が望まれます。

麻酔科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>麻酔科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 麻酔科医の求人サイトランキング All Rights Reserved.