麻酔科医の求人サイトランキング

麻酔科医師求人TOP >> 麻酔科医求人のポイント >> 麻酔科医の仕事内容・役割

麻酔科医の仕事内容・役割

麻酔科医の仕事内容は、手術室での全身管理が主なものです。細かく言えば、呼吸管理、循環管理、疼痛管理に分けられます。患者が麻酔を投与され、意識がなくなっている状態で無防備になった患者の生命維持を任される大事な役割を担っています。

もちろん、手術前に患者と面談を行い、手術中の麻酔について説明、そして患者の了解を得ること(インフォームドコンセント)、手術時の麻酔計画の作成、手術前の打ち合わせ、そして手術後、患者の意識の回復や疼痛にあわせて、ペインマネジメントを行うことがあります。

最近は、末期ガンなどでホスピスに入院し、自分の好きなことをしながら余命を過ごすスタイルが注目されていますし、在宅医療の面で、麻酔科医と連携しつつ、ペインコントロールをしながら生活のQOLを保ちつつ過ごす方法など、新しい麻酔科医の役割が増えてきています。

従来のように、患者とあまり接点のない、縁の下の力持ち的役割より、外来でのペインクリニックでの臨床、それから患者とコミュニケーションをとりながら、治療、疼痛解決のなかで、もっとも適した方法を探すという役割が増えました。

とくにホスピスや在宅医療などでは、ペインコントロールがもっとも重要な治療となりますので、麻酔科医の専門的知識と経験が大事になります。麻酔科医は不足しているといっても、こういった新たな活躍の場や、働くスタイルが見直されれば、また麻酔科医の研修制度の変更などもあれば、麻酔科医を希望する若い人が増えてくるかもしれません。

外来でのペインクリニック、そして手術室での麻酔科医の地位向上、その存在がクローズアップされていくに従って、麻酔科医の仕事、役割が再評価され、お給料や待遇の点で見直されつつあります。麻酔科医の不足をなんとか解消すするため、そしてより専門性の高い麻酔科医を輩出するために、様々な試みがなされていることが分かります。現在、8000人余りといわれている麻酔科医ですが、外科医が代わりに麻酔を行うのではなく、麻酔の専門医によって麻酔が行われたほうが、患者の満足度が高いのはいうまでもないことでしょう。

麻酔科医の仕事は、このようにとてもやりがいがあり、これからの超高齢化社会において、手術の数の増加や、患者のQOLの向上のために、ペインマネジメントは必須のこととなってくるでしょう。そのため、麻酔科医の活躍がますます求められてくるでしょう。将来性のある仕事として今後注目が集まってくることは間違いありません。未来のやりがいや将来性を見込んで、麻酔科専門医を目指してみてはいかがでしょうか。

麻酔科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>麻酔科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 麻酔科医の求人サイトランキング All Rights Reserved.