麻酔科医の求人サイトランキング

麻酔科医師求人TOP >> 麻酔科医求人のよくある質問 >> 麻酔科医は英語を使う?

麻酔科医は英語を使う?

もともと日本の医療現場では、ドイツ語を由来とした専門用語が多いですし、いまだにその名残がここかしこに感じられます。日常会話でも、アルバイトやカルテ、などが残っているくらいですから、医療専門用語として、また患者の前では隠語としてドイツ語の医療用語は残っていくのでしょうか。

さて、医療現場で、そして医療のグローバル化によって、麻酔科医でも当然英語の重要性が増しています。外来クリニックでは、英語しか理解できない外国人患者も多く訪問するようになりましたし、日本人が海外の医療機関で治療を受けて、そのカルテやメディカルレコードなどを持参して帰国する事も多くなりました。会話力、読解力、必要とされる英語力は年々高まってきています。

また、研修として、海外の大学機関や研究機関などでの臨床経験を持ってもらうための、留学などを積極的に行っている日本の医大も増えてきましたから、学生、そして研修医として、海外へ行く機会もどんどん多くなってきています。

麻酔科医になるのに、必ずしも英語は必要ありませんが、もし医療専門用語共々英語が分かるのであれば、活躍の幅がとても広がるに違いありません。日本だけではなく、海外での活躍も可能になります。もちろん世界的な学会での論文執筆やプレゼンテーションでは英語なので、あらかじめ慣れておいたほうがいいでしょう。

経験として、海外の研究機関や病院などで研修したり、また日本の医療機関でも英語が分かる医師として、また手術前説明や術後ケアを英語でできたら、外国人の多い病院や機関などでは大変重宝されることでしょう。

産業医やカウンセラーとしても、英語ができれば患者は助かります。現場の医療スタッフ、とくに外国人看護師や介護士が増えてくることが予想されると、英語でコミュニケーションがとれる医師はとくに大事となります。医療機関では医療スタッフとの協力、意思の疎通は欠かせませんから、英語は出来るに越したことはないのです。

特に医療の将来を担う、学生や研修医の皆さんは、海外経験も豊富な方もいらっしゃるでしょうし、英語の資格試験や英語のテストスコアで高得点を上げている方も多いと思います。しかし、医療専門用語の英語は、複雑で難しい用語も多く、それら専門用語を覚えるのは、日本語でも難しいことです。むしろ最初に英語で覚えてしまったほうが、学会での論文発表や研究の成果を世界的に発信するようになった現在では、スムーズに理解、そして論文を執筆したり、発表したりできることでしょう。将来のことを考えて、しっかりと英語力を磨いておいてください。

麻酔科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>麻酔科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 麻酔科医の求人サイトランキング All Rights Reserved.