麻酔科医の求人サイトランキング

麻酔科医師求人TOP >> 麻酔科医求人のよくある質問 >> 麻酔科医は激務?

麻酔科医は激務?

2008年をピークに、麻酔科医不足が叫ばれたときがありましたので、麻酔科医は激務である、一日に複数の手術を担当したり、当直、オンコールなどで呼び出され緊急手術、など休む暇がないイメージがありがちな麻酔科医です。ただし、実際には、そこまで過酷な仕事ではないようです。

もちろん、その医療機関の就業規則やどのような契約を結んで働いているかにもよりますが、比較的オンとオフがはっきりしており、休みの日は休みであり、そしてオンコールや当直なども必要以上に担当することは少なくなっています。常勤医師でも、きちんと当直、オンコールが割り振りされて、フェアなシフトが組まれているところも多くなっています。

ただし、麻酔科医の場合、一つ特殊な点があって、緊急手術や難しい手術などの際に、やはり麻酔専門のプロフェッショナルとして、オンコールで呼び出される現場があるということです。他の診療科なら、電話だけで済む場合も、麻酔科医の場合、難しい手術や外科医の手が足らないようなときは、オンコールイコール、現場に行く、という形になることが多いからです。

ただし、すでに十分な数の麻酔科医がいる医療機関、そして医師のQOL をしっかりと考えているところは、過重労働での就業をそのまま放置しませんし、最近は非常勤で、当直、オンコールなしで、家庭と仕事を両立させている女性麻酔科医も増えてきましたので、バランスよく業務が分配され、問題なく、無理なく仕事ができる職場が増えています。

他の専門医と麻酔科医は違います。他の専門科とすべてに関わりがあるのが麻酔科医です。そのため、手術の際はその分野の専門医プラス、麻酔科医という形になります。専門医の先生は部門ごとの手術や外来、回診でおしまいですが、麻酔科医は手術が詰まっているときはフル回転です。どうしても人員が足らなくなるのは自明の理です。

新しい麻酔科医の研修制度や、麻酔科医の働く環境の整備などが急がれ、ドラマなどのフィクションの世界よりもずっと麻酔科の状況はよくなってきています。昔は麻酔科から転科する研修医、医師の先生もいましたが、最近は、外来やペインクリニックがクローズアップされつつあり、他の専門家から麻酔科に転科する医師も増えてきています。

これからの将来性もあり、激務というよりは、働き方が選べるようになってきている麻酔科ですから、イメージだけで仕事を敬遠することは止めたほうが良さそうです。また、就職、転職のときに、職場環境や就業条件をしっかり確認してから雇用契約を結ぶようにすれば間違いありません。

麻酔科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>麻酔科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 麻酔科医の求人サイトランキング All Rights Reserved.