麻酔科医の求人サイトランキング

麻酔科医師求人TOP >> 麻酔科医求人のよくある質問 >> 麻酔科医は不足している?

麻酔科医は不足している?

いま日本で最も懸念されていることとして、産婦人科医、小児科医、そして麻酔科医の不足があります。麻酔科医がかかわる臨床現場は幅広く、手術、集中治療室、ペインクリニック、在宅、緩和ケアなどに広がっており、一時程ではないものの、やはり人員は不足気味であることはまぎれもない事実です。

麻酔科医が不足していても、外科医が麻酔科医を兼任できる場合はまだいいとしても、難しい手術や特別な対応が必要な際、緊急対応のときに、やはり麻酔専門医の協力がどうしても必要になる場合があります。そのために、十分な知識と臨床経験がある麻酔科医の育成が急務となっています。

2015年度から麻酔科研修医の制度が変わることで、より早く麻酔科標榜医、そして日本麻酔科学会の認定する麻酔科認定医、専門医が取得できたり、またより広い知識の取得や手術への対応を含め、外科医が麻酔科医に転科、そして2つの役割を兼ねるケースも増えてきています。手術や集中治療室での働きだけではなく、外来ペインクリニックでの問診、ホスピスでの終末医療の緩和ケアや訪問のペインマネジメントなどの新しい分野の仕事が麻酔科医を必要としています。

麻酔科医の不足により、麻酔業務にかかわることができる看護師の育成も議題に昇ることも多いようですが、さまざまな問題、懸念やリスクもあり、その議論は先に進んではいないようです。

いまは専門科プラスαとして、麻酔科医の資格も取得する人もいますし、諸外国にならってペインマネジメントも医師としての重要な仕事となりつつあります。人々の生活の質が上がっている反面、どんどん医療や痛みのケアに関する人々の要求水準も高くなり、手術だけではなく、その術前、術後のケアのほうが問題になることもあります。

全身麻酔下での手術中、意識のない患者の命をあずかるだけではなく、部分麻酔でのより痛みの少ない手術、術前や術後の痛みや精神的不安定さのケア、様々な部分で麻酔科医が必要とされているので、全体的に麻酔科医不足の解消はすぐには解決できませんし、麻酔科専門医が増えること、そして他の専門科の医師の皆さんが、麻酔科にも興味を持っていただければ、この問題は前進していくのかもしれません。

ただし、若い医師のなかでも、不足している産婦人科、小児科、麻酔科を志望する人も多くなっていますので、これから数年、数十年後には、麻酔科医の数も大分回復する可能性もあります。幅広い知識と経験が必要とされる麻酔科医ですが、当然手応えややりがいがあり、麻酔科医はより患者の印象に残る職業に変わってきているのは間違いありません。

麻酔科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>麻酔科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 麻酔科医の求人サイトランキング All Rights Reserved.