麻酔科医の求人サイトランキング

麻酔科医師求人TOP >> 施設別の麻酔科医求人 >> ペインクリニック

ペインクリニック

最近注目を浴びているのが、このペインクリニック外来というスタイルです。まだ少ないのですが、ペインクリニック、麻酔科専門医を標榜し、開業している先生もいらっしゃいます。

体にとって危険な痛み、例えばくも膜下出血の痛みなどは生死を分ける重要な兆候ですが、身体が危険な状態ではないけれども何らかの原因で起こる一過性、また慢性的な痛みがあります。この後者のほうは、ペインクリニックでの治療対象となります。また、精神的、心理的なものからくる痛みもありますので、よく患者の話を聞いてから、適切な痛みのケアを行っています。

特に慢性的疾患や病気、症状を抱えて、著しく生活の質が損なわれるような状態の患者では、このペインクリニックに通い、副作用の少ないベストな解決法を麻酔科専門医と相談するといいでしょう。毎日の生活がまったく違ったものになる筈です。

終末医療の緩和ケアとして、ホスピスなどでも、患者のQOLや意思を尊重し、痛みのケアや治療を行って行きますが、そうした医療現場に置いては、患者の日常をサポートする介護士や看護師、薬剤師や麻酔科医がチームとなって、患者が満足するような治療方法を一緒に考えていきます。すでに積極的な治療はおこなわれませんので、ここでは患者の感性や意思が最も重要なのです。

痛みの感受性は人それぞれですから、同じ手術で、同じ症状で同じ鎮痛剤を処方しても、人によって反応は違いますし、体質や体型が違えば効き目も十人十色です。手術中のように、患者の命をあずかるほど責任感が重く、緊張を強いられる仕事ではないにしても、毎日患者の痛みや苦しみに耳を傾けることはなかなか精神的にタフな仕事といえるでしょう。内服薬、外服薬だけでは効き目がない痛みに、神経ブロックという治療は、ブロック針という細い針を刺して局所麻酔薬を神経に直接、またはその周辺に注入することによって痛みを抑えたり、血流が改善する方法があります。まだ一般に馴染みがないですが、確実に痛みの除去、緩和をもたらす方法で、ペインクリニックで行われています。

ただ、より身近な存在として、日常的に患者の意見を聞いたり、コミュニケーションできる事は、独特の楽しみもあり、人との会話や人好きがする人ならば、ペインクリニック、外来麻酔科医に向いているといえるでしょう。

普段術前のコンファレンスや問診、手術中の管理、手術後の回診だけの麻酔科医さんはペインクリニックの外来にでてみると、より新しい発見や生の意見が聞けて、外来ならではの面白さに気づくこともあるでしょう。新しい転職先として、ペインクリニックを選ぶのもありですし、転職サイトでは数多くの麻酔科医の募集があります。一度検討してみてはいかがでしょうか。

麻酔科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>麻酔科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 麻酔科医の求人サイトランキング All Rights Reserved.