麻酔科医の求人サイトランキング

麻酔科医師求人TOP >> 施設別の麻酔科医求人 >> 在宅診療

在宅診療

ホスピスなど、終末ケアで医療施設に入る患者もいらっしゃいますが、最期は自宅でという患者も増えていますし、その上、医療機関に入院させることなく、家族で患者の病気の介護、看護をしているご家庭も多いことでしょう。自宅にいながらにして、その生活の質を落とす事無く、痛みを緩和することができたら、患者にとっては一番良いことです。環境の変化も無く、自分の出来る範囲で、普段の日常生活を送ることができます。

超高齢化社会になった今の日本では、薬剤師や薬を自宅まで届けたり、医師が往診したり、また各専門医が患者の自宅まで伺う訪問診療まで、かなり幅広いスタイルでの医療、治療が行われています。ここではっきりしたほうがいいのが、二者の違いです。在宅医療は、訪問診療(つまり定期的在宅医療)であり、往診は、家族や患者の要望があったときのみ(不定期的在宅医療) のことです。

ホスピスなどが、訪問緩和ケアなども請け負っていることもあります。ですから、いまは自宅にいながらにして、できる限り患者の希望に沿った医療を受けることができるということなのです。

在宅診療、そして在宅看護のサービス、また家事代行のサービスなどが一般化することによって、お年寄りやその家族、そして患者やその家族に、より満足した医療、納得のいく治療を受けることを可能にしています。お年寄りや患者は、自分が治療においてどうしたいのか、そしてどのような方針で痛みの緩和ケアを行っていくのかを麻酔科専門医と相談して決めることができます。

より自分が納得のいく治療や最期を迎えることができるように、麻酔科医の在宅診療、そして緩和ケアが必要とされています。そのような訪問ケアのすタイルで働く麻酔科医の仕事もこれからどんどん増えていくでしょう。

いまはホスピスのサービスの一形態として行われている、麻酔科医の在宅診療ですが、これからは開業医の麻酔科医の先生が、そうしたスタイルでの診療をはじめられるかもしれませんし、より多くの患者やご家族が在宅での診療を望むことも考えられます。

ホスピス、一般病院でペイン外来があるところ、そして個人のペインクリニック等のウェブに在宅診療麻酔科医の募集も見つかりますし、転職サイトやエージェントにお願いしておけば、いくつかあなたの希望を満たす職場や働き方の仕事が見つかるに違いありません。在宅診療の将来性を見据えて、あなたの好きなスタイルで働くことを可能にしてくれます。患者やご家族に満足いただける治療や緩和ケアのスタイルはまだまだもっと発展していくことでしょう。

麻酔科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>麻酔科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 麻酔科医の求人サイトランキング All Rights Reserved.