麻酔科医の求人サイトランキング

麻酔科医師求人TOP >> 施設別の麻酔科医求人 >> 総合病院

総合病院

総合病院では、様々な診療科で、手術や緊急対応、集中治療室での麻酔治療、また最先端のクリニックでは、ペイン外来なども持っていることがあります。総合的に麻酔科医としての経験を積むのはこのような総合病院がよいでしょう。初期臨床研修を終え、麻酔科標榜医の国家資格を受けるには、日本麻酔科学会が認める、麻酔科指導医のいる病院(麻酔科研修施設病院)で2年間の麻酔科専従が条件となりますので、この研修は総合病院等で行われることが多いでしょう。

総合病院では、幅広い業務、また麻酔の方法などを学べますし、これから麻酔科医としてのキャリアを築くには必ず一度は経験したい環境だと思います。いまは外来や訪問での麻酔科専門医の需要が高まっているとはいえ、麻酔科医としての専門技術や知識を磨くのに、総合病院での多くの臨床経験は大事になってきます。

麻酔科医は、確かに手術前の問診や手術中、そして手術後の回診などを行いますが、他の専門科の先生のように主治医として担当患者をもたないので、とくに時間の拘束もなく、比較的オン、オフの切り替えがはっきりしている仕事です。どちらかというと、麻酔科医は単独で麻酔の管理などをしている、独立した存在です。もちろん手術はチームでおこないますが、その中でも独自のスタイルで働く事を可能にします。

初期臨床研修から後期臨床研修まで通して4〜6年ほどで、麻酔科認定医、専門医の資格を取得できるプログラムを用意している医療機関もありますので、どんどん意欲的に資格を取得しそれぞれの分野で活躍してください。

研修生として入局して、そのままその医局で働き続けてもいいですし、機会があれば海外研修、そして自分で仕事先を決めてもいいでしょう。必要不可欠な十分な研修、臨床経験をした麻酔科医の先生、そして麻酔科専門医の資格を取得した先生なら、いくらでも仕事先はありますし、総合病院だけではなく、ペインクリニックやホスピス、在宅訪問の仕事も当然選べるでしょう。

総合病院での手術は一日に何件も受け持つ場合があり、集中力と体力が必要ではあります。ときどき手術後の患者を回診したり、ペイン外来で診察したり、場合によっては当直もオンコールもあるかもしれませんが、総合病院は比較的人員をしっかり揃えてありますので、激務やシフトがきついということもあまりないでしょう。

もしどうしてもシフトがきつい場合は調整してもらえるよう相談したり、また転職をしたり、非常勤やアルバイト、パートでの働き方もあるし、仕事と家庭のバランスもとれる、麻酔科医の働き方は比較的QOL が高い働き方と言えるのかもしれません。

麻酔科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>麻酔科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 麻酔科医の求人サイトランキング All Rights Reserved.